おすすめ即日借り入れサービス

モビット

実質年率 3.0%~18.0%
融資額 1~800万円
即日融資 可能(14:50までの振込手続完了で当日振込可)
審査時間 最短30分(申込時間等により翌日以降の場合有)
申込受付 24時間365日
WEB利用 可能

三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座をお持ちなら、WEB完結申込で電話なし+郵便物なしにできるのがモビットの特徴です。
しかもカードレスですから、楽チンなんですよね。
周囲に利用していることを知られたくないっていう場合にもおすすめです。
審査もとてもスムーズで、事前審査なら10秒で審査結果表示してくれます。
もちろん、14:50までの振込手続完了で当日振込可ですよ。

 

>>モビット公式サイトはこちら

 

 

 

アコム

実質年率 4.7%~18.0%
融資額 1~500万円
即日融資 可能(平日14:00までにお申し込みが必要)
審査時間 最短30分
申込受付 24時間365日
WEB利用 可能

三菱フィナンシャル・グループのアコム。
最短即日利用できるサービスのひとつとして人気があります。
はじめての利用なら最大30日間金利0円で利用できたり、最短30分で審査回答など急ぎでご利用されたい方にもとっても便利なサービスです。
むじんくん(自動契約機)なら8:00〜22:00までですが、ネットからなら365日24時間申込や利用が可能です。

 

>>アコム公式サイトはこちら

 

 

 

プロミス

実質年率 4.5%~17.8%
融資額 1~500万円
即日融資 可能(平日14:00までにWEB契約完了で当日振込)
審査時間 最短30分(自動審査可能時間は9:00〜21:00)
申込受付 24時間365日
WEB利用 可能

プロミスはなんといっても30日間無利息サービスがうれしいですよね。
メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で利用できますから、ぜひ活用したいところ。
また、平日14:00までにWEB契約完了すれば当日振込も可能ですし、借り入れや返済をWEBで行うこともできるのでとっても便利。
学生、主婦でもパートやアルバイトで安定した収入があればお申し込みできますから、とっても頼りになりますね。

 

>>プロミス公式サイトはこちら

 

 

審査で重要なポイントとは?

キャッシング利用をする前には絶対に必要となる段階が審査なのです。この審査とは銀行や消費者金融によっても難易度が異なるのですが、比較的審査のカンタンな消費者金融であっても落ちてしまう可能性は少なく有りません。

審査に落ちてしまわない為にも事前にどのような内容が必要になるのか把握しておく事が大切なのですが、基本的には収入のある環境下に居れば十分なのです。

 

銀行系のキャッシングでは消費者金融のキャッシングよりも審査の難易度が高いので、収入が有っても低収入の方であれば落ちてしまう可能性が有ります。
その反面、消費者金融では一人でも多くの利用者を求めているのでパートやアルバイトの方でも気軽に利用出来るサービスを提供している事が多いのです。
もちろん審査として提出する内容は正確に記入をする必要があるのですが、正しい情報で有れば問題有りません。

 

ただ、職業が無職であったり収入が0の場合は、審査を通過する事が消費者金融でも困難な事が多くなっています。
もちろん返済の目処が立ってこそキャッシングが実現するので、審査の際に収入面を確保しておく事は重要なのです。
オークションなどのお小遣い稼ぎを職業として書き換える方も居るのですが、そのような方法も少なからず有効的なのです。

 

キャッシングの返済

キャッシングはお金を借りることなので、当然の事ながら借りたお金を返金するという返済の義務が発生します。

この返済は利用する会社によって違ってくるのですが借りたお金を一括で返済するや分割して返済するなど返済の仕方は様々です。
ここの大きな違いが金利にあり、返済回数が少なければ少ないほど金利はかからなくなるのです。

 

一括で返済する場合は返済回数が一回なので、ほとんど金利が掛からないことがほとんどですが、分割の場合は金利がかかる所がほとんどです。
法律で上限があるので、違法な金利をかけれられることはないのですが、なるべく返済回数を少なくする事がキャッシングをうまく活用する事に繋がります。
ですが、借りた金額が高額なものになれば期限を設けられると一括では難しいと思われる方が多いと思います。

 

そこでキャッシングを利用する前に返済シュミレーションを簡単に行うと返済を快適にできるようになります。
例えば、50万借りたとして、自分の給料が20万で毎月5万は返せるとして、10回になるので、金利はいくらになるかなどの簡単なシュミレーションを行うだけでも大きく違ってくるのです。
このようにキャッシングの返済は事前に自分の中でシュミレーションを行うと快適な返済計画の元、返済ができます。

 

返済が遅れてはいけない理由と遅れた場合のデメリット

近年ではキャッシングやカードに関して数多くの問題が起こっているのですが、そのような問題の中にキャッシングの返済遅延と言う事も必ず挙げられます。

借入をすれば当然、この日までに返済しなければいけない、と言うルールが設けられているのですが、そのルールは小学生でも理解できるようなカンタンな物なのです。
返済が遅れてしまえばキャッシングを提供している機関に迷惑をかける事はもちろん、次回からの借入に影響してしまうリスクまで存在するのです。

 

具体的には、返済が遅れてしまった場合にはブラックリストに自分の名前が載ってしまう危険性も有るのです。
ブラックリスクとは公に公開されているような物ではなく、お金を扱うような機関でしか確認する事が出来ないリストになっているのです。
もしもこのリストに名前が挙がってしまえば、キャッシングを利用を断られてしまう可能性も有りますし、カードを発行する事さえも困難になったりしてしまうのです。

 

一度や二度程度であれば、引き起こしにトラブルが有ったのかと見逃してもらえる場合が有りますが、遅延を続けていれば確実に名前は挙がってしまうでしょう。
信用性を失わないためにも、遅延防止を心がけてキャッシングを利用する事がベストでは無いでしょうか。