MENU

看護師を1年目で辞めたい理由

1年目で辞めたい看護師

看護師が1年目で辞めたいというのはどういう時でしょうか?

 

看護師と言えば、白衣の天使などと呼ばれ、怪我や病気で苦しむ患者さんにとってなくてはならない存在です。

 

昔から、女性にとって憧れの職業のひとつとされています。

 

また、収入面でも看護師は女性が就く仕事の中でも待遇が良い方で、安定した高収入が望めるという意味からも、希望者が多いことで知られています。

 

そんな、やりがいもあって憧れの職業で、尚且つ収入も良い看護師なのに、1年目で辞めたいと考える方が意外に多いって知っていますか?

 

看護師を1年目で辞めたい理由は人それぞれ違うと思いますが、もしあなたが今、看護師1年目でもう仕事を辞めたいと考えているならちょっと待ってください。

 

きっとなにか辛いことやきついことがあって看護師を辞めたいと思っているのでしょうけど、一度冷静になってみましょう。

 

そして、「辞める」という選択肢以外にも選べる方法があることを知ってください。

 

ではまず、看護師を1年目で辞めたいって、実際どんなものがあるでしょうか?

 

ネットでいくつか理由をピックアップしてみました。

 

 

看護師に向いていない

1年目で看護師に向いていないと思った女性

看護師1年目で仕事がうまくいかなかったり、失敗ばかりして辞めたいと言い出す方は多いです。

 

看護師の仕事は、時に人の命を預かるとても責任重大な仕事です。

 

そのため、うまくいかなかったり失敗すると「自分は看護師に向いていないんじゃないか」と思ってしまうんですね。

 

たしかに、看護師に失敗は許されません。

 

ちょっとしたミスが文字通り命取りとなる場合があるからです。

 

しかし、人間はじめからミスなくパーフェクトにこなせる人なんていないんです。

 

これはどんな仕事でも同じで、それが看護師でもです。

 

1年目の看護師は覚えることがたくさんあります。

 

看護学校で学んだことを活かせと言われるかもしれませんが、学校の授業と実際の現場では違うことがたくさんあります。

 

ですから、それを一つずつ身につけていって、ミスをだんだん減らしていくしかないんです。

 

これは、看護師1年目の誰もが通る道です。

 

ここれ辞めたいと言っていたら、おそらくどの仕事でも同じ目にあいます。

 

辞めたいというのは簡単ですが、せっかくなりたくてなった看護師ですから、安易にやめてしまってはもったいないですしね。

 

あと、1年目は辛いけどそこを乗り越えた2年目になると、1年目に比べてかなり落ち着いてくる、楽になるという声もよく聞きます。

 

決めるのは最終的には自分次第ですが、看護師1年目はある意味本当の看護師になるための準備期間のようなもの。

 

辞めたいなんて言わずに、もう少し頑張ってみてはどうでしょうか。

 

 

とにかくしんどい

1年目でしんどい看護師

看護師はとにかく大変な仕事です。

 

日勤だけではなく夜勤もありますから、その不規則なシフトに慣れないと生活リズムが狂ってしまって大変です。

 

また、夜勤の時などは勤務している看護師の人数が少ないので、仕事量が多いことはもちろんですが、急患や急変などにも即座に対応しなくてはならないというプレッシャーが精神的に辛いという方もいます。

 

他にも、人間関係や乱暴な患者さんの対応で精神的に疲労したり、休みが取れなかったりと苦労が耐えません。

 

看護師になるからにはそれなりの覚悟がないと、1年目で辞めたいという風になってしまうのかもしれません。

 

勤務時間が長い

時計

看護師の勤務形態は病院ごとに違います。

 

よく見られるパターンとして3交代制があります。

 

3交代の場合、日勤が8:30〜17:30、準夜勤が16:30〜1:00、深夜勤が0:30〜9:00のような時間帯でシフトを組まれます。

 

時間だけみれば、決して長時間勤務ではありませんよね。

 

しかし、シフトは入れ替わりがありますので、たとえば今日準夜勤だったのに開けて翌日すぐに日勤になったりすることもあるんです。

 

そうすると、深夜1:00に仕事が終わっても8:30からまた勤務となるので、寝るだけで終わってしまいます。

 

通勤時間なども考えると、十分な睡眠時間を取れない可能性もありますね。

 

一方、2交代制の場合には、日勤は3交代と同じ時間帯なのに対し、残りの時間を全て夜勤でまかなうことになる場合が多いのです。

 

そうなると、夜勤は12時間以上の勤務となります。

 

途中で仮眠時間を取ることはできますが、急患や急変があれば仮眠などとっていられません。

 

 

給料が思ったほど高くない

給料

看護師は一般的に他の仕事よりも給料が高いイメージがありますよね。

 

平均的に見ればそうかもしれませんが、これは勤務する病院次第です。

 

きちんと昇給してくれる病院もあれば、何年勤めてもぜんぜん昇給してくれない病院もあります。

 

おなじ看護師としての仕事をしているのに、給料に差があるのはおかしいことですが、これが現実です。

 

だからといって、看護師は営業などの仕事と違いますので仕事をより多くこなしたからと言ってボーナスが付くわけでも、昇給が望める訳でもありません。

 

こういう場合、看護師がより高い給料を手にするには、別の病院へ転職するしかないのです。

 

⇒無料で利用出来る看護師専門の転職サイトがあります。

 

 

希望部署にいけない

看護師と一口に言っても、配属される科目により仕事内容や環境は異なります。

 

内科、外科、小児科、消化器科など様々な科目がある中で、本当はこの科に行きたいのに希望が通らず、全く希望していない科でずっと働いている方もいます。

 

これに関しては、病院も会社と同じで希望する部署がいっぱいだったり、人手不足の部署があればそこに配属されてしまうのはやむを得ません。

 

どうしても希望する科目で仕事をしたいとうのであれば、はじめからその科目を希望して転職をするしかありませんね。

 

⇒無料で利用出来る看護師専門の転職サイトがあります。

 

 

人間関係

看護師の人間関係

職場の人間関係について悩みを抱える方はとても多いですよね。

 

中でも看護師は、特に人間関係の悩みが多いと言われています。

 

その理由のひとつは、女性が多い職場だということ。

 

看護師の9割以上が女性ですから、どうしても衝突がたえません。

 

また、一度こじれてしまった人間関係はなかなか修復できず、陰湿ないじめに発展してしまうこともあります。

 

 

上司

1年目の新人看護師は、仕事ができなかったりミスが多いと上司から指導を受けたり、時には叱られることもあります。

 

これは当たり前のことですが、中にはそれをきっかけに上司との関係が悪化してしまうことも。

 

さらに、上司がパワハラ体質だったりしたら余計に厄介です。

 

暴力ではないものの、精神的に追い詰められたり、自分だけのけものにされてしまったり、そういったことで精神的ダメージを受ける場合があるんです。

 

同僚/先輩/部下

女性が多い職場なだけに、看護師は人間関係にとても気を使います。

 

特に先輩に対しては、一度嫌われてしまうととても仕事がやりにくくなってしまうので、注意が必要です。

 

人としてどうかと思いますが、中には陰口を言われたり、無視されたり、仕事中にも関わらず相手にされないといったこともあるようです。

 

我慢出来る程度ならいいですが、そうしたことがストレスとなってだんだん出勤することすら嫌になってきたり、うつ病になるケースも。

 

だからと言って誰かに相談したところで、こういった問題はスッキリ解決することは難しいですね。

 

 

患者

看護師は、患者さんのお世話をしてあげるのが仕事です。

 

ですから、本来感謝されるべき立場ですが、中には看護師に対してとてもきつい態度を取ってくる方もいます。

 

しかし、だからと言ってそこで衝突するわけにはいきません。

 

患者さんは怪我や病気で病院にいます。

 

怪我や病気に対する不安で、精神的に不安定になっている方もいます。

 

そうしたことも汲んで上げなければなりません。

 

精神的なケアも看護師の仕事として捉えなくてはいけないんですね。

 

 

看護師は結婚できない?

結婚できないハート

看護師は女性にとって人気の職業です。

 

それと同時に、男性からも人気の職業なんですよね。

 

にも関わらず、なぜか看護師は結婚できない職業としても有名です。

 

それは、看護師の仕事が過酷だからです。

 

日勤と夜勤があって生活リズムもバラバラ、それに加えて長時間労働となれば、なかなかプライベートな時間を確保できなくなります。

 

たまに時間ができても、日頃の疲労がたまっているので家でゴロゴロ…なんて方も多いでしょう。

 

それに、職場は女性が大半を占めているので、職場での出会いも期待できません。

 

こうした状況から、看護師はなかなか結婚できないという訳です。

 

あとは収入面も関係しているかもしれません。

 

看護師はOLさんなんかに比べると高収入ですし、中には独身寮があるところもあります。

 

こうした環境により、看護師は自立しているため、特に結婚に魅力を感じないのです。

 

男性に養ってもらわなくても一人で生きて行ける女性が出来上がってしまっているんですね。

 

結婚に魅力を感じていないなら構いませんが、仕事がきつくて出会いがないと嘆いている方は、その職場環境に問題があるかもしれません。

 

結婚はともかく、将来的なことを考えたらより良い職場環境を求めるのもありかもしれませんよ。

 

 

看護師を辞めるとどうなる?

看護師を1年目で辞めて後悔する女性

看護師を1年目で辞めてしまった場合、その後どうなるのでしょうか。

 

看護師は、8割近くの方は一度は辞めたいと考えたことがあると言われています。

 

また、実際に辞めてしまって復職していない潜在看護師が非常に多いとも言われています。

 

看護師が看護師を辞めた場合、別の仕事をしてもどこかで看護師と比べてしまって、やっぱり看護師が良かったと考える方が多いみたいですね。

 

看護師を辞める理由にもよりますが、人間関係だったり金銭面や勤務時間に不満はあったけど、看護師が嫌になった訳ではない方がほとんどだからです。

 

そして、看護師は資格を持っていないとできない仕事なのに対し、他の仕事に就くときには大抵、資格がなくても出来る仕事につきますから、やりがいを感じられなかったり、看護師よりさらに金銭面で苦しんだりするようです。

 

そもそも、看護学校に高い学費を払って、頑張って勉強して試験に受かってようやくたどり着いた看護師という仕事。

 

それをそんな簡単に捨てることなんてできなくありませんか?

 

一度看護師になった方が、看護師以上にやりがいがあって、収入が確保出来る仕事につくということは、現実的に考えてなかなか難しいと思います。

 

それなら、看護師を続ける道を探してみてはいかがでしょう。

 

人間関係、金銭面、労働条件など抱えている不満は違うと思いますが、それらを解決できるのが看護師転職です。

 

看護師の転職は、ハローワークなどに通わなくても看護師専門の転職サイトがあるので、スマホからでも簡単に登録できます。

 

無料で利用できますし、今現在看護師としてどこかの病院へ勤務していても問題ありません。

 

辞め方から次の職場への移り方もきちんと考えてアドバイスしてくれます。

 

無料登録して、希望する条件を提示すれば、それに近い条件の職場をピックアップしてくれますので、気に入った職場が見つかったら転職の話を進めてもらえばいいですし、見つからなければ継続して探してもらえばいいんです。

 

給料をもっと上げたい、人間関係の良い病院にいきたい、夜勤はやりたくないなど、現状に不満がある方はぜひ無料登録して専門スタッフに相談してみてください。

 

すでに退職しているけど、また看護師として働きたい方も利用できますよ。

 

 

看護師専門転職サイト『看護のお仕事』

 



 

看護のお仕事では、非公開求人を多数ご紹介しています。
サービス満足度、アドバイザーの対応満足度、友達に勧めたいランキングなどでナンバーワンとなっており、看護師さんから信頼を得ているサービスです。
全国12万件以上の事業所情報をカバーしており、あなたの代わりに給与等の待遇交渉を行ってくれます。

 

>>看護のお仕事はこちら